運輸安全マネジメント

1. 輸送の安全に関する基本的な方針

弊社では、経営トップが輸送の安全確保が最も重要であるという意識を全社員に浸透させるとともに、
全社員が一体となり常に輸送の安全の確保と安全性の向上に努めます。

安全憲章

私たちは、安全の確保が最大の使命であることを自覚し、その責務を確実に果たすため、常に安全を考えた行動に徹する決意のもと、安全憲章を定めます。

  1. 1.安全の確保は、法令、規則の理解と遵守、執務の厳正及び技術・技能の向上にはじまり、不断の努力によって築き上げられる。
  2. 2.安全の確保に最も大切な行動は、基本動作の実行、確認の励行及び連絡の徹底である。
  3. 3.安全の確保のためには、組織や職責をこえて一致協力しなければならない。
  4. 4.判断に迷ったときは、最も安全と認められる行動をとらなければならない。
  5. 5.事故が発生した場合には、二次災害防止の措置とお客様、負傷者の救護がすべてに優先する。

2.輸送の安全に関する実績(平成28年度)

  • ・自動車事故報告規則第2条に規定する発生件数は「ゼロ」件でした。

3.輸送の安全に関する目標(平成29年度)

  • ・死傷事故ゼロ、社員の重大労災ゼロ

4.輸送の安全に関する組織体制及び指揮命令系統

別紙ー1(PDF 45KB)】のとおりです。

5.輸送の安全に関する計画

(1)運輸安全マネジメントの確立
経営トップの主体的な関与のもと、安全に関する諸課題について「計画を立て(Plan)これを実施して(Do)取組みを自らチェックし(Check)改善する(Act)」という手順(=PDCAサイクル)を継続的かつ確実に実行することにより、安全性向上を推進
(2)安全意識の向上
  • ・ヒヤリハット、危険予知訓練を導入し安全意識の向上
  • ・部外研修の参加及び経験・職歴等に応じた安全・技能教育の実施
  • ・エコドライブの推進
(3)基本動作、基本作業の定着化
  • ・基本動作の必要性を個別に指導し定着化の推進
(4)お客様の安全を優先した行動の実施
  • ・安全推進会議等を通じてお客様の安全を優先する行動を指導
(5)法令遵守(道路交通法等)
  • ・ドライブレコーダーを活用した運行状況の把握
  • ・労働時間の適正な管理

6.事故、災害等に関する報告連絡体制

別紙ー2(PDF 94KB)】のとおりです。

7. 輸送の安全に関する内部監査結果及びそれを踏まえた措置内容

法令を遵守した業務を行っているか、運輸安全マネジメントを確実に実行していることについて確認を行うことで安全管理体制の向上に努めます。

8. 安全管理規程及び安全統括管理者

  • ・安全管理規程は【別紙(PDF 167KB)】のとおりです
  • ・安全統括管理者 取締役 網﨑 文彦